大学への数学 大学への数学 高校への数学 高校への数学 中学への算数 中学への算数

的確な論理は洗練された解法を生む

月刊 大学への数学

毎月20日発売/B5判・96頁/定価:1,344円(税込・送料別)/雑誌コード:05949

最新号好評発売中!
発売)

編集方針

数学は、結論に至るまでの過程がいろいろとあります。自分の解答より、簡潔で適切な解法を見付けて驚いたことがありませんか。 また、難問と格闘の末、やっと答えにたどり着いたときの喜びを味わったことがありませんか。
創刊以来60余年の歴史を誇る月刊「大学への数学」(通称:大数)は、高校数学を常に高い視点から捉え、個々の問題の縦横の関連性を自然な発想で解き明かし、 読者をより高いレベルへ導くことをメインテーマとしています。 基礎事項をいかに組み立てて応用問題に対処するか、数学的な思考力とセンスをいかにして身につけるかを選び抜いた問題で解説し、有名大学入試にも対応できる実力を養成していきます。

主な項目

「大学への数学」の各記事は、学習の進行状況や目標によって選択できるよう、大まかな目安として以下のA〜Eにわけられています。 また、各演習記事や入試特集では、目標時間と難易度を明示しています。

  • a:足固めをしたい人向け
  • b:すべての受験生向け
  • c:基本は十分に身についている人向け
  • d:意欲的な人向け(かなり難しい)
  • e:すべての人向けの読み物

ベーシック演習…a/スタンダード演習…a/数IIIドリル…a/フォローアップゼミ…a
要点の整理…b/演習・数IAII…b/講義・数IAIIB…b/講義・数III…b/演習・数III…b
方程式の図形的意味…b/大数模試…bc/日日の演習…bc
解法の発見法…c/学力コンテスト…c/受験数学の探検…c/テーマ別重点演習…c
宿題…d/数学アラカルト…e/インタビュー・私の軌跡…e/高校生のための科学最前線…e
OB登場・私の受験生時代…e/読者と作るページ…e 他

年間予定

『大学への数学』は、難関大学を目指す受験生を対象に、1年間を通して高校数学の全域をカバーしていきます。
2019年度の年間予定は下表のとおりです。
特集は、講義および「ベーシック演習」「スタンダード演習」「日日の演習」からなり、入試数学の核となる部分の徹底した理解を図ります。また数III分野は6月号から始まり、「講義/数III」「数IIIドリル」「演習/数III」があります。 「学力コンテスト」では、思考力・論証力養成のために、考え甲斐のある問題を出題していきますので、奮ってご応募ください。その他、「宿題」「読者の接点」、質問や別解などを通して、読者の声を誌面に反映させていきます。

月号 特集(日日の演習) 演習/数IAII 演習/数III
4月号 (基礎固め) 数と式の計算
5月号 微積分(数II) 関数(1次・2次)
6月号 ベクトル 方程式 極 限
7月号 座標平面 不等式 微分法
8月号 数 列 三角・指数・対数関数 積分法(数式主体)
9月号 整 数 三角関数と図形 積分法(面積)
10月号 場合の数 集合と論証 積分法(体積、弧長)
11月号 確 率 複素数平面・平面上の曲線
12月号 総合演習(数式) 総合演習(数式) 総合演習(数式)
1月号 総合演習(図形) 総合演習(図形) 総合演習(数式)
2月号 総合問題(まとめ) 総合問題(まとめ) 総合演習(まとめ)

3月号は、1月〜2月上旬に行われる入試問題の紹介が中心となり、誌面構成が異なります。
また、4・5月号でも入試特集お届けします。